紙戸屋・中野表具店

修復

修復後の掛軸
掛軸に限らず、表具は修復をして作り直しが出来ます

お客様よりお預かりした掛軸は、本紙(絵の部分)に折れがあり大きな穴が空いて、巻くと絵の部分がパラパラと崩れ落ちてくるような状態です。
表具の修復は裏から張られている和紙を剥がし、折れた部分や穴が空いた箇所を直して新しく掛軸や額、屏風などに仕立て直します。仕上がると分からなくなりますが、本紙(絵の部分)は保存と補強のため裏から幾重にも「和紙」を張り込んであります。

掛軸、屏風、衝立、額、巻物、襖、障子など「和紙」に関わる商品作成などを生業とする職人を「表具師」といいます。 古い掛軸、屏風などの修復はもちろん、新しい作品をお預りし、表装(掛軸や額にすること)をするのも表具師の仕事です。 薄い和紙に書かれた書や絵は、そのままでは水分を含んでシワが出ます。そのシワを綺麗に伸ばし、長きに渡って作品が傷まないよう作品を保護する「肌裏」という薄い和紙を裏から張ります。きちんと作成された表具は何度も修復することが出来、この先数十年、いえ修復を重ねれば美術館に保存されている表具のように、数百年もの長きに渡りお部屋を彩ってくれます.

修復前の古い掛け軸

表具をばらす

表具の修復は本紙(作品)をばらして、裏打ち(補強などのために裏から張られている和紙)を剥がすところから作業は始まります。
掛軸の生地部分をすべて取り除き、本紙(作品)裏に張られた和紙を水分を含ませながら慎重に剥がしてゆきます。

修復前の古い掛け軸

穴をふさぐ

裏打ちされた和紙を剥がし、本紙の穴をふさぐため本紙の色に合わせた和紙を本紙裏から張り込みます。

修復前の古い掛け軸

肌裏をうつ

「肌裏」と呼ばれる本紙を補強している和紙を張ります。
*本紙の状態によって「肌裏」を残して修復することもあります。

修復前の古い掛け軸

吊り干し

「肌裏」を張り終えたら、ひとまず吊り干しをして乾かします。

修復前の古い掛け軸

折れ伏せをいれる

「肌裏」の上から本紙の折れている箇所に「折れ伏せ」と呼ばれる和紙を張ってゆきます。「折れ伏せ」は、紙折れ部分の補強をします。 この後、仮張り板に張り込み、仮張りをして本紙を伸ばし、ゆっくりと乾かします。

修復前の古い掛け軸

修復後

これで修復作業は終わりました。水につけただけで、ホコリや汚れが取れ、鷹の胡粉(白い絵の具)部分が美しく浮き上がりました。ここから掛軸に仕上げたり、額装にしたり、屏風や襖などに張り込む作業になります。

*紙を白くしたい場合は、薬品を使用します。

9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
紙戸屋・中野表具店(事務所)

大阪市城東区野江4-3-29
TEL:06-6931-4856
FAX:06-6935-1245
営業時間:10:00〜18:00
休  日:土曜・日曜・祝日・夏期、冬期休暇